Top > ノロウイルス > 嘔吐したらノロウイルスを想定して処理する

嘔吐したらノロウイルスを想定して処理する

嘔吐の処理についての話です。

こどもがいると嘔吐することが結構あるものです。

ただの食べ過ぎのこともあるし、ただの風邪のこともあるし、もちろんノロウイルスであることもあります。

なので嘔吐してしまったら、その処理は一番大変ですがノロウイルスを想定して処理するようにしています。

わたしの方法になりますが、ちょっと紹介させてください。

まず、こどもが吐いてしまったら、その場にいる他のお友達や家族を他の部屋に移動してもらうようにしています。

嘔吐してしまったこどもが落ち着いたら、処理スタートです。

まず、こどもの顔などをふいてあげるためにタオルを濡らして、電子レンジであたためてふいてあげます。

このとき、捨てても良いタオルをわたしは使います。

そして、こどもに「大丈夫だからね」など安心するような声かけをしますが、念のためビニル手袋をしておきます。

そしてこどもをきれいにしてあげたら目の届く場所で楽な体勢にしてあげます。

そして嘔吐物の処理ですが、使い捨てのエプロンがあると良いようですがわたしはあまりそういう用意がないので大きなゴミ袋を前掛けかわりに膝にかけ、処理をします。

嘔吐物にペーパータオルをかけて次亜塩素酸水で作ったスプレーをふきかけて、そっと集めたらそれをコンビニ袋などに入れてから前掛けかわりにしているゴミ袋に入れます。

そしてビニル手袋を外側を触らないように脱いでゴミ袋に入れます。

そして床であれば次亜塩素酸水で作ったスプレーをふきかけて、拭きます。

ラグなどであれば次亜塩素酸水で作ったスプレーをふきかけて、アイロンのスチームで高温消毒をします。

とにかく嘔吐物を乾燥させてウイルスをまき散らさないことだと思います。

大変ではありますが、家族でかかってしまうと大変なので気をつけたいと思います。

ノロウイルスの感染

ノロウイルス

関連エントリー